本文へジャンプ

受託検査サービス(研究用)

がん対策

男性は2人に1人、女性は3人に1人が、がんにかかるといわれる日本。病気や健康に関心は高くても、検診を自発的に受ける人が少ないことが課題となっています。検診でがんを早期発見することは、がんによる死亡率を減少させるだけでなく、治療後のQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)を高めるためにも大変重要です。


がんを早期発見するためには、がんを高い感度で検出できるような確実な検査が必要となります。
  次へ

 

ページの先頭へもどる