本文へジャンプ

受託検査サービス(研究用)

血液でわかるがん検査はどんなものがありますか?

血液を使ったがんの検査の1つに腫瘍マーカーがあります。これはがん細胞がつくり出すタンパク質などを測定することでがんがあるかどうかを診断するというものです。しかし腫瘍マーカー単独でがんを診断することは難しいとされ、現状ではがん診断の補助的な検査や治療後の経過観察の検査として使用されています。


新しい方法として消化器のがんを遺伝子レベルで判定できるマイクロアレイ血液検査があります。
前へ 次へ

 

ページの先頭へもどる