倫理委員会

ホーム > 倫理委員会

株式会社キュービクス 倫理指針

近年の遺伝子解析技術は、病原性微生物の検出だけでなくゲノムシーケンスを利用した「がんゲノム医療」にも応用されています。また、患者本人だけでなく血縁者にも影響を与え得る遺伝性疾患の診断をも可能にしました。これら診断・検査技術の開発を含めた様々な医学研究には、研究材料として、血液、尿、細胞、組織などのヒトの試料が用いられ、さらに最近では検査測定値や疾患履歴等の情報が使用され始めています。これらにより、飛躍的に診療水準が進歩した一方で、同時に患者(被験者)や研究対象者に対して不利益を被ることがないよう倫理的に配慮することの重要性が増しています。株式会社キュービクス(以下、「当社」)は、遺伝学的検査の受託、ならびにヒトの試料や情報を使用するその他の業務や製品・サービスの研究開発等において、被験者や研究対象者の人権を守り、生命の尊厳を重んじ、法的、倫理的および社会的正当性を以てこれらを実施するために、以下の事項を遵守することを宣言します。

個人情報保護

遺伝学的検査等およびヒトの試料や情報を使用する研究開発、ならびにその他個人情報の機密性が求められる業務においては、「株式会社キュービクス個人情報保護規程」に従い、被験者や研究対象者の匿名化を行った上で適切に実施します。

インフォームド・コンセント

遺伝学的検査等およびヒトの試料や情報を使用する業務や研究開発は、被検者や研究対象者にその目的、方法、結果の開示方法、更に検査の場合は精度、知り得る結果等に関する十分な説明が行われ、インフォームド・コンセントが文書で取得されていることを確認します。

倫理委員会

遺伝学的検査等を新たに開始する場合、およびヒトの試料や情報を使用する研究開発を行う場合は、その有用性ならびに法的、倫理的および社会的正当性を、第三者で構成される「株式会社キュービクス研究倫理審査委員会」の審査・承認を経た上で実施します。また、その議事も公開します。多施設共同研究へ参画する場合においても、当該研究が施設内倫理審査を受けたものであることを確認します。
社内倫理規程は、関係法規、関連学会の指針・ガイドラインと照らし合わせ適宜見直しを行い、上記委員会の承認を得ます。

倫理委員会記録

第一回研究倫理審査委員会議事録 2018年8月30日開催 PDF形式:688KB

(参考資料)

遺伝学的検査

ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針(2017年2月28日一部改正 文部科学省、厚生労働省、経済産業省)
遺伝学的検査受託に関する倫理指針(2016年11月24日一部改正 日本衛生検査所協会)
遺伝学的検査の実施に関する指針(2016年4月1日 日本小児科学会、日本神経学会、日本人類遺伝学会、日本衛生検査所協会)
医療における遺伝学的検査・診断に関するガイドライン(2011年2月、日本医学会)

ヒトの試料や情報を使用する開発研究等

人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(2017年2月28日一部改正 文部科学省、厚生労働省)
人間を対象とする医学研究の倫理的原則(ヘルシンキ宣言)(2013年10月改正 世界医師会)

2013年8月1日制定
2018年12月1日改訂

株式会社キュービクス
代表取締役社長
丹野 博