事業内容

ホーム > 事業内容 > 受託検査サービス

消化器がんマイクロアレイ血液検査


アジレントテクノロジー社製マイクロアレイによる
遺伝子発現解析を測定方法とする検査です。

本検査は、国⽴⼤学法⼈⾦沢⼤学医薬保健学域との
共同研究成果である「末梢⾎液細胞のRNA発現プロファイリングによる
消化器系がん有無判定解析」が基盤となっています。

血液由来のRNAを解析することにより、消化器系がん(胃がん・大腸がん、膵臓がん、胆道がん)の
有無を判定いたします。人間ドックのオプション検査などとして実施が可能です。

がん対策

男性は2人に1人、女性は3人に1人が、がんにかかるといわれる日本。病気や健康に関心は高くても、検診を自発的に受ける人が少ないことが課題となっています。検診でがんを早期発見することは、がんによる死亡率を減少させるだけでなく、治療後のQOL(クオリティー・オブ・ライフ=生活の質)を高めるためにも大変重要です。

がんを早期発見するためには、がんを高い感度で検出できるような確実な検査が必要となります。

がん検査

血液を使ったがんの検査の1つに腫瘍マーカーがあります。これはがん細胞がつくり出すタンパク質などを測定することでがんがあるかどうかを診断するというものです。しかし腫瘍マーカー単独でがんを診断することは難しいとされ、現状ではがん診断の補助的な検査や治療後の経過観察の検査として使用されています。

新しい方法として消化器のがんを遺伝子レベルで判定できるマイクロアレイ血液検査があります。

マイクロアレイ血液検査とは

マイクロアレイとはがんなどの異物に対する体の反応を遺伝子レベルで測定できる技術です。血液ががん細胞に反応する状況を世界で初めて遺伝子レベルでとらえることができるようになりました。これを利用し開発されたのが「消化器がんマイクロアレイ血液検査」です。この検査方法の中心となる技術は消化器内科の専門医によって行われた臨床試験で明らかにされました。その研究成果は英文の科学雑誌(Biochemical and Biophysical Research Communications 誌;下記参照)に掲載されています。

この検査で遺伝病等に関わる遺伝子情報が知られることはありません。
また妊娠および妊娠の可能性のある方は正しい結果が得られません、事前の問診などの際にご留意ください。
この検査結果は健康状態を判断するための一つのデータですので、他の検査結果と合わせて主治医の先生が総合的に診断することになります。

主要論文

検査の特徴

  • 消化器系のがんに対して9割の感度があります
  • 検査は1回の採血(5.0 mL)のみです
  • 特殊な薬剤の投与もなく、X線被曝もありません
  • 一度の採血で胃がん大腸がん膵がん胆道がんの検査ができます
  • 約1000施設の医療機関様より検査受託実績があります(2018年12月時点)

検査申込方法

この検査は医療機関で血液を採取する必要があります。検査をご希望の場合は主治医の先生にご相談いただき、検査の内容をよくご確認の上、病院やクリニックなどの医療機関で検査をお申込み下さい。

この検査は健康保険の対象とはなっておりませんので、自由診療となります。

受診医療機関一覧