事業内容

ホーム > 事業内容 > 受託検査サービス > よくあるご質問 > 医療関係者の方

受託検査サービス

よくあるご質問

医療関係者の方
  • 消化器がん
    マイクロアレイ血液検査
  • アルコリスク®
  • 原発性脂質異常症(14疾患)
    遺伝子解析
  • こちらからパンフレット用PDFファイルをダウンロードいただけます。消化器がんマイクロアレイ血液検査パンフレット[PDFファイル]

  • 検体を受領した日から起算して、およそ4週間を目安に結果をご報告いたします。

  • 1名ずつ封緘し、ご担当者へ郵送いたします。

  • 担当者よりご説明いたします。弊社お問い合わせフォームより問い合わせください。担当医師または医療機関関係者を対象とさせていただきます。受診された方への個別対応はいたしかねます。

  • 消化器系がん(胃/大腸、膵、胆道)は陰性です。ただし、健常人(非がん群)の結果とも相違がありました。最終的な診断は臨床症状や他の検査結果と合わせて総合的に判断する必要がございます。消化器系の精密検査を実施できる施設や専門医へのご紹介をご検討ください。また、消化器系がん以外の疾患や投薬によっても本検査が偽陽性となるケースもございますので、考慮の上ご判断いただくことをお勧めしています。

  • 本検査はがんのフォローアップには向きません。

  • 陽性反応を示す可能性があります。これまでの臨床試験は「消化器系がん」に対して行われました。本検査では胃/大腸、膵臓、胆道のがんの有無を判定します。消化器以外にがんがある場合でも陽性反応を示す可能性がありますが、場所を特定することはできません(臨床データがないため)。

  • これまでに分かっている疾患、薬剤があります。担当者よりご説明いたします。弊社お問い合わせフォームより問い合わせください。

  • 担当者よりご連絡いたします。弊社お問い合わせフォームより問い合わせください。ご契約手続き、検査依頼方法、採血管などに関して説明させていただきます。

  • 本検査ではパクスジーンRNA採血管(日本ベクトンディッキンソン株式会社)を使用します。その他の採血管ではお受けできませんのでご注意ください。

  • 弊社、または、お取引のある販売代理店までご連絡ください。採血管、搬送用BOX、発送伝票、など一式をお送りいたします。

  • 必要量は5.0mLです(2.5mLを2本)。受診者1名につき2本ご用意いただき、1本あたり2.5mL採血ください(1本はバックアップです)。採血困難な場合は少なくとも1本を十分量としてください。

  • ①採血量②転倒混和③室温静置の3点が重要です。・添加剤と血液との混合比率が重要です。
    ・血液凝固を防ぐため、採血後直ちに10回程度、よく転倒混和ください。
    ・ラック等に立てた状態で室温にて2時間ほど静置ください。
    ・採血量あるいは凝固の程度が不明な場合は弊社にて確認いたしますので検体をご送付ください。弊社規定により解析不能と判断した際はご連絡いたします。

  • 当日中に発送できない場合は2時間室温にて静置後、冷蔵庫にて保管ください。冷凍保管はご遠慮ください。

  • 問題ありません。ただし、採血管は室温静置2時間の後、冷蔵で保管いただき採血から5日以内に弊社が受領できるように、必ずクール便(冷蔵)でご発送ください。

  • こちらからパンフレット用PDFファイルをダウンロードいただけます。アルコリスク®パンフレット[PDFファイル]

  • 担当者よりご連絡いたします。弊社お問い合わせフォームより問い合わせください。ご契約手続き、検査依頼方法、採血管などに関して説明させていただきます。

  • EDTA採血管(紫色のキャップ)をご使用ください。EDTA採血管以外は使用しないでください。

  • 冷蔵保管(2〜8℃)でお願いします。

  • 通常の採血方法で採取できる量でお願いします(陰圧引き終わりまででおよそ2.0mL採取されます)。最低でも小指の先の幅程度(およそ1.0mL)があれば解析は可能です。

  • 解像度の問題から試料との同梱をお願いしています。

  • 検査依頼と同時にお願いします。

  • 本検査を受ける際は必要になります。貴院の仕様のものをご使用いただけます。取得後は貴院にて保管ください。

  • 貴院の運用手順に合わせて保管をお願いいたします。

  • 結果ご報告後、おおよそ3ヵ月間保管し廃棄いたします。

  • 可能です。検体の弊社到着後におけるキャンセルに関しては、所定のキャンセル料がかかります。

  • 飲酒後フラッシャーとならないALDH2ヘテロ(低活性型)の人が概ね10%程度いらっしゃるようです。今はご本人も気づかないハイリスクの方もいらっしゃる可能性がございます。また遺伝子的に全く飲めない人を規定し「自分は飲めない人であることを遺伝子から調べています」という判断にも使えます。

  • 受けることをお薦めしています。ただし、精査実施については、他の関連する検査結果や臨床症状等に基づいて総合的にご判断ください。

  • 発送(回収)までは冷蔵庫にて保管をお願いします。関係者が回収に伺いますのでお渡しください。

  • 検査は可能です。ただしあらかじめ連絡をいただいた分のみ受領させていただきます。次回以降は冷蔵での発送をお願いします(検査精度維持のため検体状態の標準化にご理解いただきますようお願いします)。

  • 特に設けておりません。

  • (早期食道がん切除後の患者の再発について、問診のリスク予測精度について検討した論文からの引用)感度67.3%、偽陽性率が32.7%と報告されています。

  • 個人情報保護に関する各種法令に従い適切に管理いたします。

  • 本検査では食道・頭頚部がんの発症リスクを調べます。その過程で、2箇所のみ遺伝子多型を解析しますが、いわゆる遺伝病など先天性疾患が分かることはありません。もし専門的なカウンセリングを希望される方がいらっしゃいましたら、最寄りの臨床遺伝専門医をご紹介ください。

  • 同日に発送(もしくはPDFにて送付)いたします。

  • 準備中